07<< 2017/08 >>09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-13 (Mon)
こんにちは(*^_^*)

最近忙しくて、ちょっとブログ放置してしまいました。
みなさんのところにも訪問&応援ポチできずごめんなさい。


さて、もう2ヶ月ほど前になりますが、
以前お願いした方とは別の方にベリーとミルクとお話しをしてもらう機会がありました。
この件は本当はブログに載せるのやめようかと思ってたんだけど、
ちょっと思うところがあって…。

で、今日はベリーの話。
今回お話して下さったのはHさんです。
6月の話なので、ちょうどベリーの体調が悪い時だったので、
今と少し状況が違いますが…。

***************

まず、はじめに私がベリー君を呼ばせていただきましたら、くるくると回りながら、現れてくれました。とてもやんちゃな感じで私の前に来てくれました。

Hさん「ベリー君、はじめまして!
    今日はあやちゃんから聞いて欲しいと言われたことがあるから、お話させてね。
    よろしくね。」


ベリー「うん、よろしく!楽しみだな。」

Hさん「あやちゃんがね、ベリー君がこのところ、1ヶ月くらい、特に天気の悪い日は特にだるそうにしているけど、
    どんなふうにつらいのか、体調どこか悪いのか聞いてるんだけど、教えてくれるかな?」


ベリー「別に体調は悪くないよ!大丈夫だよ!
    ただなんとなく、時々気分が落ち込む時があるんだ。
    ミルクがなんか元気なくて・・。
    っていうか、なんか淋しいって言うから、僕までなんだか淋しくって、シュンとしちゃうんだよ。
    あやちゃん心配してた?」

Hさん「うん、心配してるよ。体調は大丈夫なんだね。
    どこかが痛いとか、変だとか、そういうことは、ないのね?」


ベリー「うん、大丈夫。。。ごめんね、あやちゃん心配しちゃってたんだ。
    そうか、それなら伝えてよ!
    僕は平気だよって。どこも具合悪くないって!
    ただ、ミルクを、もう少しかまってあげてほしいかな・・・。」

Hさん「あ、そうそう、あやちゃんがね、ミルクちゃんについて、どう思ってるか聞いてみたいそうなんだけど、
    どう思ってるの?」


ベリー「可愛いよ!妹みたいに思ってる・・・。
    でも、今一歩壁があるっていうか・・・・。
    遊びたいんだけど、僕が遠慮しちゃう時が、たまにあるんだ・・・。
    何か心に思いを抱えてるみたいで、悲しい目を時々するんだ。
    僕、心配になっちゃて・・・。
    でも一緒にいてくれるのは、なんかホッとして、居心地はいいんだよ!!
    大好きなんだ!ミルクはどう思ってるかな~・・・。」

Hさん「そんなんだ!じゃあ、ミルクちゃんのこと、大好きなんだね!」

ベリー「うん!可愛い子だよ!!
    ちょっと控えめでね。またそこがいいんだ!ハハハ。」

Hさん「なら、あやちゃんも安心だよね。」

ベリー「うん、そうだね!そうやってあやちゃんに伝えてね!」

Hさん「もちろん!!まかせて!」

ベリー「ありがとう。」

Hさん「じゃあ次の質問なんだけど、あやちゃんが、なんで他の人や他の犬に会うと、
    吠えたり噛もうとしたりするのか聞いてるんだけど・・・・。」


ベリー「あやちゃんは嫌だって言ってるの?」

Hさん「そうよ、嫌だって・・・・。」

ベリー「そうか・・・・。あやちゃんを守ろうと思ってたんだけどな。
    あやちゃんってどっか危なっかしくて、人がいいから、心配でほっておけないんだ。
    別に他の人とか他の犬が、嫌いなわけじゃないよ!」

Hさん「そうか・・・。その気持ちはあやちゃんもありがたいって思うと思うんだ、
    でも、噛もうとしたり、吠えたりするのは、あやちゃんが嫌だって言ってるから、
    それをやめることはできる?」


べりー「う~ん・・・。あやちゃんのためなら。でも、もう癖になっちゃってて、今すぐは難しいよ。
    時間をかけてやめるように、努力はするからね!ごめんね、あやちゃん・・・・。」

Hさん「わかった、あやちゃんにそう伝えておくから、べリー君も吠えたり噛もうとしたりしないように気をつけてね!
    あやちゃんは危ない目に遭ってるわけじゃないから、大丈夫。」


ベリー「うん、わかった。それにあやちゃんのこと、大好きだからな。
    ベリーだけ見ててくれないと、イヤなんだもん。」

Hさん「そうか、それも伝えておくよ!」

ベリー「うん!よろしくね!」

Hさん「最後の質問だけど、家族それぞれにしてほしいことはある?
    あやちゃん、えりちゃん、パパとママに。。。。」


ベリー「みんな仲良くしてほしい。
    家族がみ~んな仲良くて、僕とミルクをずっと一緒に可愛がって欲しい。
    ただそれだけなんだよ!平和に毎日楽しくみんなと仲良く暮らしたい。
    それだけだよ!
    今でもとっても感謝してるし、みんな大好き。ほんとうに嬉しいよ・・・。
    えりちゃんには、もっと遊んでほしい。
    パパ、ママには、僕とたくさん触れ合ってほしい。
    あ、あやちゃんは、いつもやさしくしてくれて、今のままで充分・・・。」

Hさん「そうなんだ。じゃあベリー、何かベリーからメッセージがあれば教えてくれる?」

ベリー「可愛がってくれてありがとう!
    僕に対してイライラすることもあるよね、充分わかってるんだ。
    それでもいつもやさしく見守ってくれて、感謝してるよ!
    あやちゃん、自分をもっと大事にしてね!!時々心配なんだ・・・。
    あやちゃんはやさしすぎるから・・・。大好きだよ!いつまでもずっと一緒にいてね!」

Hさん「うん、わかった。必ずあやちゃんに伝えるね!今日はどうもありがとう。お話できて楽しかったよ。」

ベリー「僕もすごい楽しかったよ!ありがとね。またね!今度また話そうね!」

Hさん「うん、そうね。じゃあさようなら。。。」

ベリー「うん、バイバイ。」

ベリー君は、後ろを振り返りながら、小走りに去っていきました。
私の印象では、ベリー君は、かなりあやちゃんを心配していて、守らなきゃという思いが強いんだと思います。とても楽しくお話をしてくれましたよ。

***************

とってもベリーが優しいってことがよく分かったお話でした。
私、本当頼りない飼い主ですよね…。
気を付けなくっちゃ!
このお話があってから、ベリーが更にお利口さんになったの☆

まぁ2ヶ月経ってだんだん薄れてきちゃったけど(笑)

明日はみるちゃん。
関連記事
スポンサーサイト
| ベリー | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。